H28.12.08

 

「さて,今日は何が始まるのでしょうか?

 

 エプロンを身にまとい,黄組・青組・藤組の子ども達が1階ホールに集まってきましたよ。

 さあ,今から何が始まるのでしょうか。楽しみですね~(^^♪

H28.12.08

 

「アップルパイのクッキングでした♪

 

 ギョウザの皮に調理したリンゴを乗っけて包みます。さあ,うまくできるでしょうか?楽しくできるでしょうか♪

H28.12.08

 

「できたよ~~~!

 

 藤組さんが年少の子ども達に教えてあげていました。みんな,とっても楽しそうに包んでいましたよ♪今日のおやつがとっても楽しみです(^^)/

H28.12.08

 

「おいしかったぁ~♪

 

 自分たちが頑張って包んだものが立派なおやつとなって出てきましたよ。みんなの顔には「美味しい!」って書いてあるようでした。よかったね(^^♪

H28.07.21

 

「ナスビの季節ですね

 

 このところナスビがどんどん収穫できます。子ども達は興味津々の様子。チョウチョさんもナスビの花が気になってやってきたようですよ。

H28.07.11

 

「今日もまた!!

 

 今日もまた「あかいのができたよ!」と事務室まで某カメラマンを呼びに来てくれる子がいました。うれしいことです♪某カメラマンはその子と一緒に菜園へ急行しました。

 すると,た~くさんのプチトマトが真っ赤になっているではありませんか!そのうち何人かの子どもがやってきて,わいわいがやがや。「あっちにも!」「こっちにも!」「大きいのもあるよ!」「ナスビもできてる~!」などとにぎやかなこと,にぎやかなこと。

 とっても嬉しいひとときでした。

H28.07.06

 

「今日も教えてくれました♪

 

 菜園をのぞきこんでいる子どもが,プチトマトやナスビが大きくなってきたことを教えてくれました。

 子どもって,自分が発見したことを誰かに伝えたい気持ちになるんですね。

 そのときに「おお,ほんとだね!教えてくれてありがとう」って言葉を返すとその子は「また何か発見しよっと」という意欲が湧いてきます。子どもの言葉や行動をしっかり受け止め,的確に反応したいものですね。

H28.07.02

 

「プチトマトがオレンジ色になったよ!

 

 一人の子どもが,プチトマトが色づいてきたことを某カメラマンに教えてくれました。ありがとう♪

 ナスビもしっかり育っています。いい季節です。

H28.06.29

 

「みんなで観察♪

 

 プチトマトが鈴なりになってきました。ナスビもどんどん生長しています。

 植物の育ちに関心のある子どもは毎日のように観察にやってきます。もっともっと自然と仲良しになってくださいね。

H28.06.18

 

「ナスビの収穫♪」

 

 お~~~きいのが穫れました!子ども達は大喜びです♪「お野菜は花が咲いたらその後に実がなる」ということが,実践を通じて理解できてきたようです。

 ただ,小さな子どもは咲いたお花を時々摘んでしまっちゃっています(^-^;実のできる仕組みを早く理解してくださいね。

 さあ,次はミニトマトが色づくのを観察しましょうね。

H28.06.09

 

「ナスビがこんなに!!」

 

 子ども達が成長を楽しみにしているナスビやプチトマトですが,日に日に大きくなってきました。

 子ども達は毎日覗き込んでワクワクしている様子です。

 収穫のときが待ち遠しいですね。

H28.06.02

 

「ナスビも実が♪」

 

 ミニトマトに続いてナスビも実がふくらんできました。それに気が付いた子ども達は先生を呼びに行きましたよ。こんなふうに,植物などの自然に目が向く子どもっていいですね。

H28.05.31

 

「ミニトマトの実が♪」

 

 ミニトマトの実がふくらんできました。何人かの子ども達は気が付いたようですよ。

H28.05.23

 

「大きくなってきたよ♪」

 

 1週間前の月曜日に植えた苗が,もうこんなに大きくなりました。まさに「太陽の恵み」ですね。さあ,せっせと水やりをしなくっちゃ!

H28.05.19

 

「花が咲いたよ♪」

 

 3日前に植えたばかりなのに,ナスビやミニトマトの花が咲きました。「花が咲いたら実がなる」ということを多くの子どもに実感してもらいたいと思っています。

H28.05.16

 

「苗を植えたよ♪」

 

 青組さんと藤組さんがお野菜の苗を植えました。ナスビやプチトマトの収穫を楽しみに,毎日水やりに精を出しましょうね。

食育活動

        トマト作り                 きゅうり作り


クッキング保育